MENU

ヒゲはダンディー、オシャレで男らしい…ヒゲ賛成派の女性の意見

顔をしかめる女性

毎朝の面倒なヒゲ剃りから開放されたい、カミソリ負けするのでヒゲ剃りが辛いといった声の他に、女性からどう見られているのかを気にしているという考えも、漏れ伝わっています。実際のところ、男性のヒゲに関して女性の間では賛否両論あります。

 

ここでは男性のヒゲを好意的に見ているヒゲ賛成派の女性からの意見をご紹介しましょう。

 

チェックポイント

ヒゲ賛成派は、ヒゲが男の落ち着きやダンディズムを感じさせるとか、大人っぽさ、男らしさの象徴と捉えていて、セクシーでカッコイイといった意見も多数あり、お洒落の要素として評価しています。ヒゲで具体的な名前としては、阿部寛やイチローが挙がっています。

 

そうです。ヒゲが似合う人との質問で筆頭に出てくるのが、阿部寛やイチローです。阿部寛のヒゲは、男らしい印象を与え、ワイルドに見えてかっこよく、渋いキャラクターにマッチしている、イチローのヒゲは、似合うステキ、トレードマークとの絶賛意見ばかりです。

 

ヒゲがトレードマークと言えば、他にも有名人ではアメリカ合衆国第16代のリンカーン大統領もそうでしたね。リンカーンは大統領選挙の遊説中に11歳の少女の「髭を生やした方が立派に見える」という一言で、威厳を付ける為に頬ヒゲを生やしました。

 

又、喜劇王チャーリー・チャップリンは、トレードマークのチョビヒゲで銀幕の歴史に名を残しましたが、チョビヒゲ、燕尾服・モジャモジャ頭・山高帽・ステッキの五点セットが印象的で、今でもコメディアン・映画監督としての一流の芸は観客を魅了し続けています。

 

因みに、このようなヒゲ賛成派の女性にヒゲ脱毛に関して尋ねてみると、お洒落なヒゲを保つ為のヒゲを整える為のヒゲ脱毛はOKでも、そのヒゲをなくしてしまう脱毛には、似合っているから不要という意見が主流でした。

 

勿論、似合っていればという条件付きではありますが、ヒゲを蓄えた男性に男らしさを感じ、ステキだと思っている女性がかなりの数居ることは確かです。似合えば、イメージアップにも繋がりますし、強いインパクトを与えているとも言えます。

ヒゲが伸びると汚らしい、不潔、だらしない、ヒゲ反対派女性の声

先程のページでヒゲ賛成派の女性からのヒゲに対する印象をご紹介しましたが、このページでは、ヒゲ反対派の女性からの意見を見てみましょう。

 

「ヒゲは好きではないし、伸びていると汚らしい」、「剃った後にチクチクして痛いから嫌」、「どんなに整えてあっても不潔な感じがする」、「無雑作にヒゲが生えている人を見るとだらしがないと思ってしまう」等々、嫌悪感が炸裂した感じです。

 

そこで、そういったヒゲ反対派の女性に、それでは男性がヒゲ脱毛をする事をどう思うかとの質問を投げかけてみました。それに対する、女性からの意見はこうです。

 

ヒゲ脱毛に大賛成です。主人はヒゲが濃いので、毎朝ジョリジョリのヒゲを顔にすりよせると痛いです。又、ヒゲが剛毛な為、電気ヒゲ剃りを2年毎に、買い換えており、その費用もばかになりません。主人の肌は弱く、カミソリを使うと口周りが傷だらけになります。

 

主人は、一度試しにヒゲを伸ばしましたが、童顔なので、滑稽以外の何物でもなく、断念したという経緯もあります。脱毛してくれれば、面倒事が一つ減ると思いますが、嫌がる事必至です。私は大賛成でも、ヒゲが生えなくなることに抵抗のある男性は少なくないでしょう。

 

男性のヒゲの脱毛を初めて知りましたが、清潔感があって好感が持て、良いと思います。ヒゲは、どんなに整えても不潔に見えてしまうし、伸ばしっぱなしの無精ヒゲを見ると不快です。特に、夏場は、見るだけで、暑苦しい感じがします。

 

女性の脱毛はポピュラーですが、男性も同じで脱毛という手段を利用するのはおススメです。毎日の手間も省けますし、肌への負担も減ります。剃り忘れも無くなり、朝の支度にも余裕ができそうで、断然賛成です。

 

電気ヒゲ剃りの買い替え費用がばかにならないという経済的な理由も飛び出しましたし、夏場、ヒゲを見るだけで暑苦しい感じがする等という残酷なご意見もありました。女性にとって、清潔感は必須条件ですし、ここに経済的理由も加わってしまうと手強いですね。

 

ヒゲ脱毛をする男性が徐々に増加傾向にあるのは、ヒゲ反対派の意見を無視できない状態になっていっているからかもしれません。

 

ヒゲ脱毛、始めるならいつがいい?>>